2013年

9月

19日

研修会~講師の先生より~

そろばん担当のWです。

16日に列島を縦断した台風18号で各地に大きな被害を残していますが、古都京都でも世界遺産の清水寺境内の土砂崩れや国の史跡名勝の嵐山でも桂川の濁流により付近が冠水の被害にあい普及活動に追われているというニュースを見て、巨大災害を生き抜く有効な方法や事前防災の重要性を考えさせられてしまいます。

その台風18号が来る2日前の14日(土)に塾長を交え講師の研修会を開きました。
最近の生徒達の様子や指導方法の意見交換。検定試験の回答欄に書く数字の訂正の仕方や3級以上になると小数点やカンマが減点対象になること等、生徒への指導の徹底など色々と話し合いました。
又、9月に入ってから幼児・低学年も授業の終わる5分前に読み上げ算にチャレンジしてもらったところ、問題集での見とり算では結構時間がかかるのに読み上げ算になるとスムーズにそろばんの珠を弾いているのを見てやはり幼児・低学年には数字を目で見て指を動かすという動作は大変だということを再確認しました。
これからも研修会を定期的に開き、問題点や指導方法を話し合っていきたいと思います。自動車